晴れた日も雨の日も



一人きりの夜に

 夜の訪れが怖い。そう感じ始めたのはいつの頃だったか、もう思い出せないほどに遠い昔のことだったような気がする。夜の暗闇と静けさは、一方の分銅の重さに傾きつつある天秤のように微妙に不安定で不均衡な心のバランスを、更に崩そうと試みているようだ。光と音のない世界は気配を隠し、音を立てずに一歩ずつ確実に忍び寄ってくる。
 毎夜訪れる闇の世界に、飲み込まれないように精一杯の力を振り絞って抵抗しようとするのだけど、そんな私の小さな勇気さえもあっけなくどこかに追いやってしまう暗闇が、私は心底怖い。不安で不安でたまらない。夜に怯えながら力尽き、ようやく眠りについたら、夢の中でも暗闇に追いかけられて、泣きながら逃げ惑う、なんてこともそう珍しくはない。
朝の日の光はそんな私にとっては、唯一の救いであり、唯一夜の闇に対峙できる力を秘めている。
 夜は私をひとりぼっちにさせる。暗闇の世界に閉じ込め、置いてきぼりにする。光のある明るい世界に再び戻るには、きっと誰かの支えが必要だ。一人でじたばたもがいていても、すっと足元をすくわれ更なる深みへと引きずりこまれてしまう。
 あったかくて強い両の手で、手のひらにこめられた確かな強さを決して緩めることなく、一気に元の世界へと引き戻して欲しい。『もう大丈夫だ、安心してお休み』と、優しく布団を掛けて欲しい。
 誰にでも夜は訪れる。どうしても免れることの出来ない時だから、闘わないわけにはいかないけど、一人の時は九敗一分だった対戦成績が、二人になったらきっと九勝一分に逆転可能だ。
 
 たまにはこんな風に誰かを心から欲する日があってもいいかな、なんて思いながら、ゆっくり瞳を閉じて今日もまた一人、夜との果てしない戦いの旅に出る、無駄だと思いながら、持てる限りの武器を携えて。

[PR]
by les-trois-etoiles | 2005-08-11 01:00 | くもりの日(もやもや空)
<< 前を向いて 夜空を見上げて >>


それでも歩き続けるよ、わたし
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィールなどなど
まいこ、現在大学4年生の22歳。
現代小説や近代日本文学、フランス文学が好きで、暇を見つけては図書館に通っています。
大学では英語、フランス語を中心に、言語学や文学、哲学、国際関係について学んでいます。
精神医学や心理学にも興味があって、関連する本をいろいろ読んだりもしています。

性格はすごく人見知り屋で意地っ張りで、そのくせかなりの寂しがり屋↓とっても厄介なコです、、。

休日は読書、音楽・映画鑑賞、お買い物なんかをしながら過ごしています♪
最近ようやく夢を見つけました。
思い描く未来の自分に、少しずつ近づいていきたいと思います。


ここには日々の生活の中で感じたことや気づいたこと、大切にしていることを書いていけたらと思っています。
どんなコメントでも構いませんので、是非何か言葉を残していって下さい♪

ここに訪れてくださったことに感謝いたします★


 ★☆リンク☆★

 



みんなのプロフィールSP



クリックしてみてね♪
  
 管理人より
           
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
芸能人のマル秘DVDなら..
by オシエモン at 18:19
お言葉に甘えて、これから..
by les-trois-etoiles at 16:54
この先彼に触れられる時が..
by les-trois-etoiles at 16:38
まいこちゃんの詩を読んで..
by 赤月 at 13:31
こういうふうに、思ってい..
by ☆Y☆ at 23:46
☆赤月さんへ☆ コメン..
by les-trois-etoiles at 17:00
☆Y☆さんへ 頭では分..
by les-trois-etoiles at 16:52
初めまして(^^) 学..
by 赤月 at 16:05
あたしまいこさんと同年代..
by ☆Y☆ at 08:19
そんな風に言って頂けると..
by 管理人 at 18:16
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧