晴れた日も雨の日も



過去の恋

伝えたかった言葉と届けたかった想いがあった。でも、いざとなると、本当に伝えたかった言葉ほど口にする前にぽろぽろと零れ落ちてしまい、言うつもりもなかった言葉を投げつけてしまった。
どうして恋をすると、こんなにも不器用になってしまうのだろう。元から器用な方ではないのに、恋をすると本当に呆れてしまうほど不器用になる、そして貪欲にもなる。

いまだかつて一人のヒトをあんなに好きになった事はなかった気がする。言葉を交わした事さえなかったのに、無意識のうちに目で追いかけ、気づいたら恋に落ちていた。特別好きなタイプという訳ではなかったのに、初めて見かけた時からどういうわけか、私の心は確実にあのヒトへと傾き、引き寄せられ、想いはどんどん募っていった。

それから数ヶ月経った頃突然、あの彼からメールがきた。一緒に食事にでも行かないかという内容だった。私の気持ちを知っていた友達が、彼にそれを伝えてくれたことがきっかけだった。
天にも昇る心地とはまさにこのことだと思った。とにかく嬉しくて嬉しくて仕方がなかった。今思うと、あの時点で私はもう気持ちが伝わっていると勝手に思い込んでしまっていた様な気がする。彼の本当の気持ちなど、これっぽちも知らずに。

彼と最初で最後のデートをしたのは、忘れもしない、雪が絶え間なく降り続けるとても寒い日のことだった。電車の時間までまだ余裕があったのに、居ても立ってもいられなくて、約束の時間よりも早く家を出て、さらりと雪の積もった寒い駅のホームでどきどきしながら待ってた。
少ししてから彼がやってきたのだけど、いつものように照れくさそうな笑みを浮かべながら歩み寄って来てくれたっけ。私だけに向けられたあの笑顔を見て、しあわせだなって心底思った。

あの日、彼が食べていたパスタ、着ていたジャケットの色、持っていた携帯の機種、そんななんでもないことがいまだに忘れられない自分が悲しい。あれから優に1年以上も経ったというのに、どうしてこんなにもあの時の想いを捨てきれないでいるのだろう。
彼の心は私にはないのだと気づいてからは本当に毎日が辛かった。彼に好きになってもらえるのなら、どんなに苦しくても辛くて頑張ってこの想いを貫こうと思っていた。
でもそれすら叶わないのだと知って、絶望的な気持ちになった。一日一日がとても無意味なものに思えたし、全てのものの動きがゆっくりコマ送りされてるみたいで、音もなくて、モノクロの世界みたいだった。
あのヒトに恋してからの私は、彼を通してこの世界を見つめていたのだと、その時初めて気づいた。私の全神経は全て彼に注がれていたのだと思う。今、その神経は脆くも全て切断され、切り口から、行く当てもない想いがぽつりぽつりと流れ落ちている。

人づてに、あのヒトに彼女が出来たと聞いた。彼が好きになった人ならきっとすごく素敵な子なんだろうなって、素直に思えた。どんな子か知りたいと思う気持ちが全くなかったと言えば嘘になる。でも、実際に聞く勇気などなかった。知ったところでどうなる、私ではない誰かというだけで、もうそれ以上のことを知る必要はなかった。わずかに残っていた小さな希望を打ち消すには、その事実だけで充分すぎるほどだった。
ただ、あの笑顔が向けられているであろう彼女が、本当に羨ましかった。どんなにか幸せな気持ちでいることだろうと思った。

今はただ、彼の幸せが続く事を祈るばかりだ。あの少し照れたようにはにかんだ、でもあったかい光が差し込んだように眩しかったあの笑顔をこの先見る事が出来ないのだと思うと本当に辛いけど。

去年のちょうどクリスマスの頃、偶然駅で彼を見かけた。後ろ姿だったけど、一目で彼だと分かった。確信があった、彼だと自信を持って言えるだけの。
でも、近づいていって彼の顔を見る事は到底出来なかった。見てしまったら、本当に私はダメになると思った。

こんなにも月日が流れたというのに、私の心の中の時計の針はあの日あの時から止まったままだ。一ミリも進んでいないのだ、電池はまだ切れていないというのに。

いつか忘れられる日がやって来るのだろうか。思い出話に出来る日が本当にやって来るのだろうか。これから先、あのヒト以上に誰かを好きになれるのだろうか。
その日はきっとまだまだ遠い気がする。その日が実際に訪れるまでは、まだこの想いを心のうちに留めておく事だけは、どうか許してほしいと願っている。
[PR]
by les-trois-etoiles | 2005-09-05 23:05 | 雨の日(しとしと雨しずく)
<< 秘められた才能 いのち >>


それでも歩き続けるよ、わたし
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
プロフィールなどなど
まいこ、現在大学4年生の22歳。
現代小説や近代日本文学、フランス文学が好きで、暇を見つけては図書館に通っています。
大学では英語、フランス語を中心に、言語学や文学、哲学、国際関係について学んでいます。
精神医学や心理学にも興味があって、関連する本をいろいろ読んだりもしています。

性格はすごく人見知り屋で意地っ張りで、そのくせかなりの寂しがり屋↓とっても厄介なコです、、。

休日は読書、音楽・映画鑑賞、お買い物なんかをしながら過ごしています♪
最近ようやく夢を見つけました。
思い描く未来の自分に、少しずつ近づいていきたいと思います。


ここには日々の生活の中で感じたことや気づいたこと、大切にしていることを書いていけたらと思っています。
どんなコメントでも構いませんので、是非何か言葉を残していって下さい♪

ここに訪れてくださったことに感謝いたします★


 ★☆リンク☆★

 



みんなのプロフィールSP



クリックしてみてね♪
  
 管理人より
           
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
芸能人のマル秘DVDなら..
by オシエモン at 18:19
お言葉に甘えて、これから..
by les-trois-etoiles at 16:54
この先彼に触れられる時が..
by les-trois-etoiles at 16:38
まいこちゃんの詩を読んで..
by 赤月 at 13:31
こういうふうに、思ってい..
by ☆Y☆ at 23:46
☆赤月さんへ☆ コメン..
by les-trois-etoiles at 17:00
☆Y☆さんへ 頭では分..
by les-trois-etoiles at 16:52
初めまして(^^) 学..
by 赤月 at 16:05
あたしまいこさんと同年代..
by ☆Y☆ at 08:19
そんな風に言って頂けると..
by 管理人 at 18:16
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧