晴れた日も雨の日も



カテゴリ:くもりの日(もやもや空)( 7 )


愛、あい、アイ

こんな私もこれまでいくつかの恋をして、何人かの人と付き合ったりもした。
でも、自分から好きになった人にはいつも思いが届かなくて、振られてばかりだった。
告白されてはじまった付き合いはいつも受身になってばかりで、最後まで相手の気持ちに寄り添うことが出来なかった。
相手の気持ちの重さと自分のそれが明らかに違うことには気づいていた。もちろんそれなりに好きという気持ちはあったし、もっと相手の気持ちに応えたいという思いはあったけれど、人を心から好きになるということは簡単なことではなくて、言い聞かせて好きになれるものでもなくて、自分の本当の気持ちがどんどん見えなくなっていった。

私は弱い人間だから、何か辛いことがあるとすぐ人に甘えたくなるし、頼りたくなるし、支えて欲しくなる。相手には何も与えられないくせに、求めようとばかりする。こんなの絶対愛じゃない。

愛されることのほうが愛するより楽で幸せになれるなんて思っていた自分がいて、なんて浅はかだったんだろうと情けなくなった。相手の気持ちを自分の都合のいいように利用して、心のどこかで好きで居てもらえることを当たり前だと思っていた私はなんて傲慢な人間なんだろう。
私には人を愛する勇気も愛される覚悟も足りなすぎた。
恋に関してだけはいつになっても赤ん坊のように幼くて、愛を、あらゆるものを求めすぎてしまう。与えられることに慣れすぎて、惰性になっている。

なんだか最近無性に人恋しくなる時がある。誰かに傍に居て欲しくてたまらなくなる夜がある。
でも今は、この一人でいる寂しさに耐えようと思う。ちゃんと愛せる誰かに出会うまではもう少し大人になっていたいと思う。愛されて与えられる満足感よりも、心底誰かを愛することの幸福感を手にしたいと思う。

わたし、がんばるよ。
[PR]
by les-trois-etoiles | 2005-09-21 20:58 | くもりの日(もやもや空)

ズキズキ、キズ

e0044291_21332368.jpg
最近、買い集めたアクセサリー類です♪9月といってもまだ夏の暑さが残ったこの時期は、小物から秋を徐々に取り入れていこうかなって思ってます☆
今まではシルバーのアクセばかり買っていたけれど、ゴールドの方が秋っぽいかなっていうのと、私の肌の色にはゴールドのほうが映えると勧められたので、これからはゴールドも少しずつ増やしていこうかな、と計画中です!
洋服では、いつもデザインを重視していたのですが、この秋は着心地と素材にこだわりたいと思っています。シフォンとかベロアとかレザーとか♪ちょっと値が張るけどカシミヤとか★
おしゃれについてあれこれ考えると止まらなくなっちゃいます!みんなはどうかな?


ヒトには言えない過去がある。消してしまいたい過去がある。あの時に戻って初めからやり直せたらどんなにいいだろうと思う時がある。
消し去ってしまいたい程に辛く、苦しく、悲しい過去の出来事ほど、何年経っても忘れる事が出来ず、記憶の片隅に追いやる事さえ出来ない。どれほどの時が過ぎても、捨ててしまいたい過去というものは、鮮明に思い出されて、その度にやっと快方に向かおうとしている傷についたかさぶたを無残に剥がし、再び傷口がえぐれて、血がぽたりぽたりと流れ出す。更に深くなった傷が完全に塞がり癒えるのは、いったいいつになるのだろうか。

ふっと、誰かに全てを話してしまいたくなる。自分の中だけには抱え続ける事が出来なくて、この消したい記憶と大きくなりすぎた傷の痛みを半分、いや3分の1くらいでいいから引き受けてはくれないだろうかと考えてしまう。でも、他人の過去や心の傷を易々と受け入れられるほど、ヒトは強くないし、寛大でもない気がする。誰だってみんな自分のことで精一杯だ、きっと。
結局、自分の過去と向き合って闘えるのは自分だけなのだ、と思う。周りに出来る事は、過去との闘いに決着をつけ、無事に帰ってこられるように傍で見守る事だけだ。

過去の呪縛から逃れられないでいる自分を早く解放してあげよう。お互いに十分傷ついたし、随分と長い間苦しみ続けてきた。もういい加減自分で自分の傷口をえぐるような真似は止めて、明日を見つめてみよう。過去の出来事はどうする事も出来ないけど、明日なら、未来なら、新たに作り出せる、いかようにも。

かさぶたを剥いでしまわないように、可愛い絵の付いた絆創膏でも貼って、これからのこと、まずは明日について考えよう、想像してみよう。
[PR]
by les-trois-etoiles | 2005-09-13 21:33 | くもりの日(もやもや空)

秘められた才能

e0044291_20485464.jpg
これは大切な友達が去年のクリスマスにくれたプレゼント、万華鏡です☆幼い頃から万華鏡が大好きだった私にとっては、とっても嬉しい贈り物でした。
太陽の光にかざしながらくるくる回すと、すーっと光が差し込んでとても綺麗に見えます♪万華鏡という言葉の響きの美しさにも惹かれています。千にも万にも変化しそうなきらきらと輝くこの万華鏡は、私の宝物の一つです。


誰にでも秘められた才能ってきっとある。芸術的才能とか音楽的才能とかそういった大きなものじゃなくても、自分では才能だとは全く意識していないことでも、傍から見れば立派な才能だと思えるものが、少なくとも一つは必ず人には備わっていると思う。
例えば、どんな時でも笑顔でいられる人、本当に素敵な事だと思う。私は感情の起伏が激しくて、笑っている時よりも落ち込んでいる時のほうが明らかに多くて、情けない事にそういった感情がわりと顔に出てしまいやすいから、いつもにこにこ笑っている人を見ると、尊敬の念さえ覚えるし、『この人はきっとすごく強い人間なんだろうな』って思う。これも立派な才能と言えるのでは?って気がする。
例えば、即席でイラストとか描けちゃう人、これは本当に羨ましい。私は子供の時から本当に悲しくなるほど絵を描くのが下手で、まともに描けるのは、四つ葉のクローバーとかりんごとかみかんとかそのくらい。最近は姪っ子を喜ばせるためにアンパンマンの描き方を必死になって覚えたりして。でも、こればっかりはセンスなのかなって思ったりもする。絵を描くセンス。あとは物事に対する観察力と洞察力、集中力もかな。
例えば、周りの人の話にじっと耳を傾ける事が出来る人。いつも相手の気持ちを慮り、相手の意志を尊重する、これってすごく難しいと思う。相手のためにアドバイスをしているつもりでも、実は独りよがりで自己満足的な意見になっていたりするから、なかなか大変だ。相手の話を辛抱強く聴き、相手の言わんとすることを正確に理解する、その上で自分の考えを慎重に伝える。
私の友達にはずばりこの才能を持っている人が居て、いつもいつも本当に助けられて救われている。褒めるとあからさまに謙遜しちゃうけど、これも絶対才能って言えると思う。

みんな自分の才能には気づけないでいるだけだと思う。こんなの才能って呼べないって思ってたり、全く自覚していないだけだったりで、必ずあるはず。芸術性に長けているように、目に見える才能もあれば、内面の美しさのように目には見えない才能もある。
容姿のように生まれながらにして備わった才能もあれば、自らの努力で手に入れた才能もあると思う。

私は人の才能なら自然に見つけられるのに、自分の才能には全く気づけない。誰かの内に秘められている才能になら容易に気づくのに、自分のことになると本当に自信がなくて、才能と呼べるものなんて何一つない、なんて思ってしまう。あ~、本当に矛盾してる。
私にも何か才能あるのかな?掃除好きなとこ?凝り性なとこ?癖がほとんどないストレートな髪?う~ん、才能と呼べるか怪しいけど、これも一つの才能かって、たまには自分を褒めてあげようかな。
[PR]
by les-trois-etoiles | 2005-09-08 20:48 | くもりの日(もやもや空)

遠いモノ、近いモノ

e0044291_21171416.jpg
プーさん大集合です♪私の部屋のテレビの上にはプーさんがわんさか(笑)これで全部かと思いきや、プーさんモノはまだまだ他にもあったりして☆
ほとんどもらったものばかりだけど、どれも違う表情に違うポージングでとても愛くるしいっ♪!
ディズニーのキャラクターはどれも可愛くて好きだけど、やっぱりプーさんがNo.1☆★☆

どうも私は自分からは遠い存在に心惹かれてしまうらしい。例えばテレビに映る綺麗な女優や人気ファッション誌専属のスタイル抜群のモデル、東京のような大都会、未だ訪れたことのない異国の国々、こうして挙げたらきりがない、ほんと。
自分とは全く異なる環境の中で生きている人、自分が住む世界とは明らかに違う場所。羨ましいと思ったり、純粋に憧れてみたり、時に妬みの感情さえ芽生えたりと、強い引力に導かれるように心が奪われる一方で、ぐるぐると頭の中をかき乱されたりもする。

遠い存在のモノ、この手で掴めそうにないもの、自分には持ち得ていないものにばかり、私は目を向けてしまっているようだ。

そういう時は決まって、すぐそばにあるもの、自分が生きているこの場所、いつも隣にいてくれる人の存在の大切さとありがたみを忘れてしまいがちだ。
近くにありすぎて、そこにあるのが当たり前のことになりすぎて、そんな毎日に慣れすぎて、いつの間にか正面から向き合おうとしなくなっている自分がいる。
いつまで私のそばにあるのか、いつ突然失ってしまうかも分からないのに、そんな自分を取り巻く世界に無意識のうちに湯水に浸かるように安心しきってしまっている。

遠い存在、遠い世界に憧れを抱くことが悪いことだとは思わない。そうした強い憧れや欲求は何かを生み出す原動力になるし、新しい世界を切り開き歩んでいくための道標となってくれることもあるだろう。

ただ、今、この世界で生きていること、自分のすぐそばにある存在の大切さはこの先もずっと忘れたくないと思う。いつも心のどこかで感じていたいと思う。これから自分がどんな世界で生きることになっても、どんな人間へと成長していこうとも、私の原点はここで、自分自身に立ち戻る場所、私が帰る場所は、やっぱりここなんだと思う。

簡単に手に届きそうもない存在や世界に近づきたいという気持ちを抱きつつも、いつも変わらずそこにあるもの、どんな時もそばにいてくれる人を正面から見つめて、優しく抱きしめてあげられる様な、心の強さと誠実さ、勇気を持っていたいと心の底から、今思う。
[PR]
by les-trois-etoiles | 2005-08-29 21:17 | くもりの日(もやもや空)

恋する心

e0044291_21345263.jpg
この腕時計は22歳の誕生日に姉夫婦から頂いたもの。画像では少し見えにくいけれど、シンプルなフォルムであまり自己主張の強くない時計なのに、なぜか存在感のある素敵なものです☆
私には高価すぎるほどのプレゼントでしたが、一目見た瞬間に気に入ってしまい、それ以来毎日のように身に付けています。


最近の私は、遥か昔の恋の詩にとても心惹かれています。相手を恋い慕う気持ちを和歌にのせて伝える、それもたった31文字の言葉で。
お気に入りの和歌がいくつかあるのですが、今日は対になった二つの和歌について書きたいと思います。(出典は後撰集です)

『はかなくて  同じ心になりにしを  思ふがごとは  思ふらんやぞ』

『わびしさを 同じ心と聞くからに  我が身を捨てて 君ぞかなしき』

一つ目の訳は、“心細い気持ちのままであなたと心を一つにしてしまったけれど、私が思う程に、あなたは私を思ってくださっているでしょうか”です。
二つ目の訳は、“どうしようもなく切ない気持ちでいることは、あなたも私と同じなのだとお聞きして、もはや我が身がどうあっても、あなたが愛しくてなりません”です。

たった31文字の言葉でもこんなにも心に響いてきて、その想いの深さに圧倒されます。相手の自分に対する真の心を測るには、この詩だけで十分過ぎる程で、お互いを想う気持ちが重なり合っている、と思いました。

お互いの思いが通じ合っていても、ちょっとしたことで相手の気持ちが見えなくなったり、疑ってしまったり、常に愛の言葉を口にして貰わなければ不安になったりすること、きっと誰にでもあると思います。今は電話やメールですぐに気持ちを伝え合う事が出来るけれど、昔は手紙の遣り取りさえ思うようにはいかなかったはずで、それなのにこんなにも強く深く人を愛する事が出来るって、本当にすごい事だなって思います。どんなに恋しく思っても、どんなに辛く寂しくても、31文字の言葉に精一杯託された相手の想いを心から信じられるからこそ、二人の心は通じ合い、寄り添い、結ばれるのだと感じました。

千年以上の時を越えて伝わる想いがあることに勇気付けられ、励まされました。それと同時に、恋に落ちるのは一瞬の出来事だけど、その気持ちを大切に育て、相手に伝えるにはそれなりの勇気と覚悟が必要だと気づきました。

私は、片思いの時はもちろん、両思いになってからも自分の気持ちと相手の気持ちの重さが同じでないと不安になってしまいます。自分だけが好きになりすぎているのでは、と落ち込んだりもしてしまいます。両思いになれたはずなのに、まだ片思いをし続けているような、そんなもどかしくて切ない気持ちでいっぱいになってしまいます。
でも、この和歌を詠んだ二人のような恋を、お互いの想いが重なり合うような恋をしたいと心底思いました。
[PR]
by les-trois-etoiles | 2005-08-25 21:34 | くもりの日(もやもや空)

心の声

e0044291_20183658.jpg
これは今日図書館から借りてきたばかりの本です。私は心理学、やわらかく言うと、人の心について学ぶ事にとても興味を持っていて、暇があると図書館に行き、心理関係の本を探しています。心理関係の本ならばフィールドの異なるものであってもこだわることなく読みます。
『自分の心と正直に向き合う』ことを常日頃から目標に据えている私にとって、こうした本はとても強い味方となってくれます。


自分の心の状態を知る事はとても重要だと思います。肉体と精神は常に一体で、切っても切り離せないものだからそのバランス関係を上手に保つ事が必要です。どちらか一方の意志を優先して、もう一方をないがしろにしてしまえば、次第にそのバランスは大きく崩れて、自分自身が壊れてしまいそうになります。
身体の不調のサインは心のそれに比べると、比較的読み取りやすいと思います。身体の不調は痛みの感覚と直結しているけれど、心の状態はそう簡単なものではなく、自分自身の心を把握するという事は常に自分の心が出すサインに目を向けていなければ難しい事です。
身体の痛みはごまかせないけど、心の疲れや痛みにはごまかしが効きます。「気分が優れない日が続くような気がするけど、最近忙しい日々の連続だったから少し疲れが溜まったんだ」とか、「このモヤモヤした感じ、気のせいかな、思い込みかな」とかいった風に、そのサインを深刻に受け止めようとしなかったり、あるいは見落としてしまったり。

自分の心の状態は他人にも分かりにくいものです。自分さえもごまかせるくらいだから、自分に少し無理を強いたり、我慢したりすれば、全く気づかれないという事も十分に考えられます。
だからこそ、自分で自分の心としっかり向き合い、本当の心の声を聞いてあげなければ、と思います。

人はみな多くのことに対して頑張りすぎると思います。それが自分にとって大切な事だったり、自らの意志で選択した事であったり、自分の好きな事であったりすれば、多少の無理をしても心のバランスは保たれ、喜びや充実感を得られたりします。けれど、それがとても嫌な事、耐え難い程の苦しみや辛さを伴う事であれば、ストレスは溜まる一方で、肉体も精神も疲労困憊の状態です。それでも、大抵の人は何とか自分と折り合いをつけながら最後までやり遂げようとするはずです、たとえ自分がボロボロになったとしても。

そういった姿は傍から見れば、すごく素敵な事のように思えます。頑張り屋だとか責任感が強いだとか、デキる人間だとか、そんな風に評価するのが普通だと思います。
でも、周りが何と言おうと、周りにどう思われようと、本当に辛い事なら、身の置き場のない程の痛みを伴う事ならば、逃げ出してしまっていいのだと思います。そんな時には逃げも甘えも許されるべきだと思うのです。途中で投げ出したって、記憶の隅に追いやったっていいじゃないですか。自分を見失う程、自分が壊れてしまいそうな程の苦しみの中にある時は自己中心になったって、きっとみんな許してくれます、そんな自分でも認めてくれます。

せめて自分だけはどんなときも自分の心と向き合い、心の声に耳を澄まし、常に発し続けている何かしらのサインを素直に受け入れて、日々を過ごしていけたらと思います。
[PR]
by les-trois-etoiles | 2005-08-19 20:18 | くもりの日(もやもや空)

一人きりの夜に

 夜の訪れが怖い。そう感じ始めたのはいつの頃だったか、もう思い出せないほどに遠い昔のことだったような気がする。夜の暗闇と静けさは、一方の分銅の重さに傾きつつある天秤のように微妙に不安定で不均衡な心のバランスを、更に崩そうと試みているようだ。光と音のない世界は気配を隠し、音を立てずに一歩ずつ確実に忍び寄ってくる。
 毎夜訪れる闇の世界に、飲み込まれないように精一杯の力を振り絞って抵抗しようとするのだけど、そんな私の小さな勇気さえもあっけなくどこかに追いやってしまう暗闇が、私は心底怖い。不安で不安でたまらない。夜に怯えながら力尽き、ようやく眠りについたら、夢の中でも暗闇に追いかけられて、泣きながら逃げ惑う、なんてこともそう珍しくはない。
朝の日の光はそんな私にとっては、唯一の救いであり、唯一夜の闇に対峙できる力を秘めている。
 夜は私をひとりぼっちにさせる。暗闇の世界に閉じ込め、置いてきぼりにする。光のある明るい世界に再び戻るには、きっと誰かの支えが必要だ。一人でじたばたもがいていても、すっと足元をすくわれ更なる深みへと引きずりこまれてしまう。
 あったかくて強い両の手で、手のひらにこめられた確かな強さを決して緩めることなく、一気に元の世界へと引き戻して欲しい。『もう大丈夫だ、安心してお休み』と、優しく布団を掛けて欲しい。
 誰にでも夜は訪れる。どうしても免れることの出来ない時だから、闘わないわけにはいかないけど、一人の時は九敗一分だった対戦成績が、二人になったらきっと九勝一分に逆転可能だ。
 
 たまにはこんな風に誰かを心から欲する日があってもいいかな、なんて思いながら、ゆっくり瞳を閉じて今日もまた一人、夜との果てしない戦いの旅に出る、無駄だと思いながら、持てる限りの武器を携えて。

[PR]
by les-trois-etoiles | 2005-08-11 01:00 | くもりの日(もやもや空)


それでも歩き続けるよ、わたし
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
プロフィールなどなど
まいこ、現在大学4年生の22歳。
現代小説や近代日本文学、フランス文学が好きで、暇を見つけては図書館に通っています。
大学では英語、フランス語を中心に、言語学や文学、哲学、国際関係について学んでいます。
精神医学や心理学にも興味があって、関連する本をいろいろ読んだりもしています。

性格はすごく人見知り屋で意地っ張りで、そのくせかなりの寂しがり屋↓とっても厄介なコです、、。

休日は読書、音楽・映画鑑賞、お買い物なんかをしながら過ごしています♪
最近ようやく夢を見つけました。
思い描く未来の自分に、少しずつ近づいていきたいと思います。


ここには日々の生活の中で感じたことや気づいたこと、大切にしていることを書いていけたらと思っています。
どんなコメントでも構いませんので、是非何か言葉を残していって下さい♪

ここに訪れてくださったことに感謝いたします★


 ★☆リンク☆★

 



みんなのプロフィールSP



クリックしてみてね♪
  
 管理人より
           
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
芸能人のマル秘DVDなら..
by オシエモン at 18:19
お言葉に甘えて、これから..
by les-trois-etoiles at 16:54
この先彼に触れられる時が..
by les-trois-etoiles at 16:38
まいこちゃんの詩を読んで..
by 赤月 at 13:31
こういうふうに、思ってい..
by ☆Y☆ at 23:46
☆赤月さんへ☆ コメン..
by les-trois-etoiles at 17:00
☆Y☆さんへ 頭では分..
by les-trois-etoiles at 16:52
初めまして(^^) 学..
by 赤月 at 16:05
あたしまいこさんと同年代..
by ☆Y☆ at 08:19
そんな風に言って頂けると..
by 管理人 at 18:16
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧