晴れた日も雨の日も



ホントの自分

わたし、本当にコンプレックスの塊。自分に自信が持てることが何一つ見つからない。
こうやって頭をひねらせてる間にも口寂しくて、ドロップ舐めてる。幼稚。
そういえば、何かを口に入れていないと不安になるのは、幼少期の愛情不足が原因だって、何かの本で読んだ。お父さんもお母さんもわたしを愛してくれているのは分かっていたけど、共働きで忙しかったからずっと鍵っ子で、いつになったら帰ってくるんだろうって、時計とにらめっこしながら泣きべそかいてたあの頃は、お家でお母さんが待っていてくれる友達が本当にうらやましかったな。

自分に自信が持てないから、わたしは精一杯武装する。ファッション雑誌を念入りにチェックして、定期的にお買い物して、外に出掛ける時はちゃんとメイクして、靴も磨いて、髪がはねたりしてないか再度確認。これでようやく戦闘態勢整う。
でも、鏡に映ったわたし、うまく笑顔が作れない。頑張って二って笑おうとしても、どっか引きつってる。どんなに完璧に着飾って武装してみても、心までは取り繕えないんだな、なんて思ったり。
でも、こうでもしないと外に出て行く勇気さえ出ないんだよ、わたし。ちっちゃいな、弱いな、わたし。無意識のうちに下ばっか向いて歩いててさ、ヒトと目を合わせらんないの、わたし。びくびくして、おどおどしちゃってさ。

家に帰ってくると、いっぺんに武装がはがれちゃって、精一杯の笑顔も崩れちゃって、本当の自分が顔を出す。どうしようもなく不安げな自信なさげな顔した情けない自分。

こんなわたし見せても、離れていっちゃわないかな。
[PR]
# by les-trois-etoiles | 2005-09-18 22:38 | 雨の日(しとしと雨しずく)

★☆調味料バトン☆★

とうちゃんさんから回していただいた調味料バトン♪なんだか楽しそうなので挑戦してみまっす★!

Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか? 薬味は含みません。

・目玉焼き   
      もっぱらお醤油です

・納豆  
     やっぱり付属のタレ
     お醤油だと納豆の味が消されちゃう気が、、、  

・冷奴  
     お醤油ですね
 

・餃子      
     お醤油&ラー油
     お酢を少し入れて食べるのも好きです☆

・カレーライス 
         そのままです! 
    
・ナポリタン  
        粉チーズかな
        実はタバスコが苦手なお子チャマです(>_<)
      
・ピザ      
    やっぱりそのまま

・生キャベツ 
        そのまま食べます!

・トマト 
     実はトマトそのものが苦手、、、
     これだけはダメです
   
・サラダ 
      青じそを使ったドレッシング、中華風のさっぱりしたものも好き♪

・カキフライ 
        カキが苦手です、、、
      
・メンチカツ 
        ソースかな
      
・コロッケ 
       やっぱりソース!

・天ぷら  
       天つゆよりあえてお醤油派☆
     
・とんかつ 
       ソース
       普段あまり肉類は食べないです。週に1度食べるか食べないかってくらい
      
・ご飯 
     そのまま
     でも、ご飯もお昼ご飯の時くらいしか食べないです


【Q2】周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?
    う~ん、特別ない気がする、、、。普通すぎてつまらないくらいかも


【Q3】それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?
    組み合わせというか、わさびが苦手!!!お寿司も出来ればさび抜きがいいです
    ほんとお子チャマだ~っ

【Q4】バトンをまわしたい5名は誰ですか?
    あおいちゃん、わかめちゃんに回したいと思いまっす!
    もし良かったらやってみてね♪♪♪
[PR]
# by les-trois-etoiles | 2005-09-17 13:28 | その他

★☆自己紹介バトン☆★

あおいちゃんから回ってきました~っ♪自己紹介って恥ずかしいけど、頑張って書いてみます!

①名前、性別 生年月日
  名前    まいこ
  性別    女
  生年月日 1983.8.2

②身長、体重
  160㎝、体重は秘密です!

 今より3㎏くらい絞りたいなって思ってます。

③既婚 or 未婚
  未婚
④現在恋人いる?
  う~ん、秘密にさせてください!

⑤長髪?短髪?
  1年以上伸ばし続けているので、結構長いです☆
  
⑥服装はどんな感じ?
  ボトムはほとんどジーンズばかり。スカートよりもパンツ派です。
  ジーンズにキレイ目のワンピースを合わせたり、甘めのトップスを合わせるのが好きです♪

⑦好きな異性のタイプ
  おおらかで、いざって時に頼りがいがあって、男らしさを見せてくれるヒト
  
⑧嫌いな異性のタイプ  
  軽いヒト、考えが浅いヒト

⑨座右の銘
  なんだろう、、、。思い当たったら書いてみます!
  
⑩将来の夢
  まだ夢を探している段階。でも、忍耐強く頑張って、少しずつ夢に近づけたらって思います。
  あとは、母親を大切に、早く楽をさせたいと思います。
 
⑪何か一言
  これからも一人でも多くのヒトの心に響くような文章を書いていきたいと思っています。
  まだまだ拙い表現ばかりですが、どうぞよろしくお願いします☆

⑫バトンを回す人(何人でも)
  やってみたいと思ったヒトは、自由に回してみてください♪

  
[PR]
# by les-trois-etoiles | 2005-09-16 08:00 | その他

ズキズキ、キズ

e0044291_21332368.jpg
最近、買い集めたアクセサリー類です♪9月といってもまだ夏の暑さが残ったこの時期は、小物から秋を徐々に取り入れていこうかなって思ってます☆
今まではシルバーのアクセばかり買っていたけれど、ゴールドの方が秋っぽいかなっていうのと、私の肌の色にはゴールドのほうが映えると勧められたので、これからはゴールドも少しずつ増やしていこうかな、と計画中です!
洋服では、いつもデザインを重視していたのですが、この秋は着心地と素材にこだわりたいと思っています。シフォンとかベロアとかレザーとか♪ちょっと値が張るけどカシミヤとか★
おしゃれについてあれこれ考えると止まらなくなっちゃいます!みんなはどうかな?


ヒトには言えない過去がある。消してしまいたい過去がある。あの時に戻って初めからやり直せたらどんなにいいだろうと思う時がある。
消し去ってしまいたい程に辛く、苦しく、悲しい過去の出来事ほど、何年経っても忘れる事が出来ず、記憶の片隅に追いやる事さえ出来ない。どれほどの時が過ぎても、捨ててしまいたい過去というものは、鮮明に思い出されて、その度にやっと快方に向かおうとしている傷についたかさぶたを無残に剥がし、再び傷口がえぐれて、血がぽたりぽたりと流れ出す。更に深くなった傷が完全に塞がり癒えるのは、いったいいつになるのだろうか。

ふっと、誰かに全てを話してしまいたくなる。自分の中だけには抱え続ける事が出来なくて、この消したい記憶と大きくなりすぎた傷の痛みを半分、いや3分の1くらいでいいから引き受けてはくれないだろうかと考えてしまう。でも、他人の過去や心の傷を易々と受け入れられるほど、ヒトは強くないし、寛大でもない気がする。誰だってみんな自分のことで精一杯だ、きっと。
結局、自分の過去と向き合って闘えるのは自分だけなのだ、と思う。周りに出来る事は、過去との闘いに決着をつけ、無事に帰ってこられるように傍で見守る事だけだ。

過去の呪縛から逃れられないでいる自分を早く解放してあげよう。お互いに十分傷ついたし、随分と長い間苦しみ続けてきた。もういい加減自分で自分の傷口をえぐるような真似は止めて、明日を見つめてみよう。過去の出来事はどうする事も出来ないけど、明日なら、未来なら、新たに作り出せる、いかようにも。

かさぶたを剥いでしまわないように、可愛い絵の付いた絆創膏でも貼って、これからのこと、まずは明日について考えよう、想像してみよう。
[PR]
# by les-trois-etoiles | 2005-09-13 21:33 | くもりの日(もやもや空)

秘められた才能

e0044291_20485464.jpg
これは大切な友達が去年のクリスマスにくれたプレゼント、万華鏡です☆幼い頃から万華鏡が大好きだった私にとっては、とっても嬉しい贈り物でした。
太陽の光にかざしながらくるくる回すと、すーっと光が差し込んでとても綺麗に見えます♪万華鏡という言葉の響きの美しさにも惹かれています。千にも万にも変化しそうなきらきらと輝くこの万華鏡は、私の宝物の一つです。


誰にでも秘められた才能ってきっとある。芸術的才能とか音楽的才能とかそういった大きなものじゃなくても、自分では才能だとは全く意識していないことでも、傍から見れば立派な才能だと思えるものが、少なくとも一つは必ず人には備わっていると思う。
例えば、どんな時でも笑顔でいられる人、本当に素敵な事だと思う。私は感情の起伏が激しくて、笑っている時よりも落ち込んでいる時のほうが明らかに多くて、情けない事にそういった感情がわりと顔に出てしまいやすいから、いつもにこにこ笑っている人を見ると、尊敬の念さえ覚えるし、『この人はきっとすごく強い人間なんだろうな』って思う。これも立派な才能と言えるのでは?って気がする。
例えば、即席でイラストとか描けちゃう人、これは本当に羨ましい。私は子供の時から本当に悲しくなるほど絵を描くのが下手で、まともに描けるのは、四つ葉のクローバーとかりんごとかみかんとかそのくらい。最近は姪っ子を喜ばせるためにアンパンマンの描き方を必死になって覚えたりして。でも、こればっかりはセンスなのかなって思ったりもする。絵を描くセンス。あとは物事に対する観察力と洞察力、集中力もかな。
例えば、周りの人の話にじっと耳を傾ける事が出来る人。いつも相手の気持ちを慮り、相手の意志を尊重する、これってすごく難しいと思う。相手のためにアドバイスをしているつもりでも、実は独りよがりで自己満足的な意見になっていたりするから、なかなか大変だ。相手の話を辛抱強く聴き、相手の言わんとすることを正確に理解する、その上で自分の考えを慎重に伝える。
私の友達にはずばりこの才能を持っている人が居て、いつもいつも本当に助けられて救われている。褒めるとあからさまに謙遜しちゃうけど、これも絶対才能って言えると思う。

みんな自分の才能には気づけないでいるだけだと思う。こんなの才能って呼べないって思ってたり、全く自覚していないだけだったりで、必ずあるはず。芸術性に長けているように、目に見える才能もあれば、内面の美しさのように目には見えない才能もある。
容姿のように生まれながらにして備わった才能もあれば、自らの努力で手に入れた才能もあると思う。

私は人の才能なら自然に見つけられるのに、自分の才能には全く気づけない。誰かの内に秘められている才能になら容易に気づくのに、自分のことになると本当に自信がなくて、才能と呼べるものなんて何一つない、なんて思ってしまう。あ~、本当に矛盾してる。
私にも何か才能あるのかな?掃除好きなとこ?凝り性なとこ?癖がほとんどないストレートな髪?う~ん、才能と呼べるか怪しいけど、これも一つの才能かって、たまには自分を褒めてあげようかな。
[PR]
# by les-trois-etoiles | 2005-09-08 20:48 | くもりの日(もやもや空)

過去の恋

伝えたかった言葉と届けたかった想いがあった。でも、いざとなると、本当に伝えたかった言葉ほど口にする前にぽろぽろと零れ落ちてしまい、言うつもりもなかった言葉を投げつけてしまった。
どうして恋をすると、こんなにも不器用になってしまうのだろう。元から器用な方ではないのに、恋をすると本当に呆れてしまうほど不器用になる、そして貪欲にもなる。

いまだかつて一人のヒトをあんなに好きになった事はなかった気がする。言葉を交わした事さえなかったのに、無意識のうちに目で追いかけ、気づいたら恋に落ちていた。特別好きなタイプという訳ではなかったのに、初めて見かけた時からどういうわけか、私の心は確実にあのヒトへと傾き、引き寄せられ、想いはどんどん募っていった。

それから数ヶ月経った頃突然、あの彼からメールがきた。一緒に食事にでも行かないかという内容だった。私の気持ちを知っていた友達が、彼にそれを伝えてくれたことがきっかけだった。
天にも昇る心地とはまさにこのことだと思った。とにかく嬉しくて嬉しくて仕方がなかった。今思うと、あの時点で私はもう気持ちが伝わっていると勝手に思い込んでしまっていた様な気がする。彼の本当の気持ちなど、これっぽちも知らずに。

彼と最初で最後のデートをしたのは、忘れもしない、雪が絶え間なく降り続けるとても寒い日のことだった。電車の時間までまだ余裕があったのに、居ても立ってもいられなくて、約束の時間よりも早く家を出て、さらりと雪の積もった寒い駅のホームでどきどきしながら待ってた。
少ししてから彼がやってきたのだけど、いつものように照れくさそうな笑みを浮かべながら歩み寄って来てくれたっけ。私だけに向けられたあの笑顔を見て、しあわせだなって心底思った。

あの日、彼が食べていたパスタ、着ていたジャケットの色、持っていた携帯の機種、そんななんでもないことがいまだに忘れられない自分が悲しい。あれから優に1年以上も経ったというのに、どうしてこんなにもあの時の想いを捨てきれないでいるのだろう。
彼の心は私にはないのだと気づいてからは本当に毎日が辛かった。彼に好きになってもらえるのなら、どんなに苦しくても辛くて頑張ってこの想いを貫こうと思っていた。
でもそれすら叶わないのだと知って、絶望的な気持ちになった。一日一日がとても無意味なものに思えたし、全てのものの動きがゆっくりコマ送りされてるみたいで、音もなくて、モノクロの世界みたいだった。
あのヒトに恋してからの私は、彼を通してこの世界を見つめていたのだと、その時初めて気づいた。私の全神経は全て彼に注がれていたのだと思う。今、その神経は脆くも全て切断され、切り口から、行く当てもない想いがぽつりぽつりと流れ落ちている。

人づてに、あのヒトに彼女が出来たと聞いた。彼が好きになった人ならきっとすごく素敵な子なんだろうなって、素直に思えた。どんな子か知りたいと思う気持ちが全くなかったと言えば嘘になる。でも、実際に聞く勇気などなかった。知ったところでどうなる、私ではない誰かというだけで、もうそれ以上のことを知る必要はなかった。わずかに残っていた小さな希望を打ち消すには、その事実だけで充分すぎるほどだった。
ただ、あの笑顔が向けられているであろう彼女が、本当に羨ましかった。どんなにか幸せな気持ちでいることだろうと思った。

今はただ、彼の幸せが続く事を祈るばかりだ。あの少し照れたようにはにかんだ、でもあったかい光が差し込んだように眩しかったあの笑顔をこの先見る事が出来ないのだと思うと本当に辛いけど。

去年のちょうどクリスマスの頃、偶然駅で彼を見かけた。後ろ姿だったけど、一目で彼だと分かった。確信があった、彼だと自信を持って言えるだけの。
でも、近づいていって彼の顔を見る事は到底出来なかった。見てしまったら、本当に私はダメになると思った。

こんなにも月日が流れたというのに、私の心の中の時計の針はあの日あの時から止まったままだ。一ミリも進んでいないのだ、電池はまだ切れていないというのに。

いつか忘れられる日がやって来るのだろうか。思い出話に出来る日が本当にやって来るのだろうか。これから先、あのヒト以上に誰かを好きになれるのだろうか。
その日はきっとまだまだ遠い気がする。その日が実際に訪れるまでは、まだこの想いを心のうちに留めておく事だけは、どうか許してほしいと願っている。
[PR]
# by les-trois-etoiles | 2005-09-05 23:05 | 雨の日(しとしと雨しずく)

いのち


母は結婚後まもなくして幸運なことに妊娠したそうだ。けれど、そのお腹に宿った小さな命はこの世に生まれ出ることなく、妊娠わずか3か月目にして亡くなった、そのことを初めて知ったのは、確か私が小学2年生の頃だった。幼いながらも当時の父と母の気持ちを思うと、胸の奥がちりちりと痛んだ。あの時のショックは今でも鮮明に覚えている。小さいけど、深い深い絶望感。

父と母は結婚した当初から、子供は3人欲しいと考えていたそうだ。共働きしながらの子育ては大変だっただろうに、私達3人姉妹を産んで、ここまで育ててくれた。
もし、最初に出来た子供が流産することなく、無事に産まれてきていたとしたら、、、。末っ子の私は4人目の子供ということになり、もしかしたら私こそ、この世に生を受けることはなかったのかもしれない。
そのことに気づいた時、私の命は私一人のものではなくて、二人分の重みがあるのかもしれないと思った。一度も出会うことは出来なかったけれど、お兄ちゃんかお姉ちゃんか分からないけれど、私に命を、生きる機会を与えてくれたんだって思った。

この命を大切にして生きていかなければ、と思う。私の中にはきっと、お兄ちゃん、お姉ちゃんの魂が宿っていて、弱くて脆くてまだまだ子供な私を一生懸命支えてくれているような気がする。その顔を視界に捉えることは出来ないけど、その手も足もこの目には見えないけれど、見えない力で必死に私を動かしてくれている、今はそう思える。

一人じゃないってコトは、こんなにも心強さを与えてくれ、安心感で充たしてくれる。いつもいつも感謝の気持ちで胸がいっぱいになる。
私の目を通して、この世界を見つめて、私と一緒に日々を歩んでくれていたら、本当に嬉しいと思う。
『命』って、決して自分ひとりのものじゃないんだよね。
[PR]
# by les-trois-etoiles | 2005-09-01 20:58 | 晴れた日(さんさん太陽)

遠いモノ、近いモノ

e0044291_21171416.jpg
プーさん大集合です♪私の部屋のテレビの上にはプーさんがわんさか(笑)これで全部かと思いきや、プーさんモノはまだまだ他にもあったりして☆
ほとんどもらったものばかりだけど、どれも違う表情に違うポージングでとても愛くるしいっ♪!
ディズニーのキャラクターはどれも可愛くて好きだけど、やっぱりプーさんがNo.1☆★☆

どうも私は自分からは遠い存在に心惹かれてしまうらしい。例えばテレビに映る綺麗な女優や人気ファッション誌専属のスタイル抜群のモデル、東京のような大都会、未だ訪れたことのない異国の国々、こうして挙げたらきりがない、ほんと。
自分とは全く異なる環境の中で生きている人、自分が住む世界とは明らかに違う場所。羨ましいと思ったり、純粋に憧れてみたり、時に妬みの感情さえ芽生えたりと、強い引力に導かれるように心が奪われる一方で、ぐるぐると頭の中をかき乱されたりもする。

遠い存在のモノ、この手で掴めそうにないもの、自分には持ち得ていないものにばかり、私は目を向けてしまっているようだ。

そういう時は決まって、すぐそばにあるもの、自分が生きているこの場所、いつも隣にいてくれる人の存在の大切さとありがたみを忘れてしまいがちだ。
近くにありすぎて、そこにあるのが当たり前のことになりすぎて、そんな毎日に慣れすぎて、いつの間にか正面から向き合おうとしなくなっている自分がいる。
いつまで私のそばにあるのか、いつ突然失ってしまうかも分からないのに、そんな自分を取り巻く世界に無意識のうちに湯水に浸かるように安心しきってしまっている。

遠い存在、遠い世界に憧れを抱くことが悪いことだとは思わない。そうした強い憧れや欲求は何かを生み出す原動力になるし、新しい世界を切り開き歩んでいくための道標となってくれることもあるだろう。

ただ、今、この世界で生きていること、自分のすぐそばにある存在の大切さはこの先もずっと忘れたくないと思う。いつも心のどこかで感じていたいと思う。これから自分がどんな世界で生きることになっても、どんな人間へと成長していこうとも、私の原点はここで、自分自身に立ち戻る場所、私が帰る場所は、やっぱりここなんだと思う。

簡単に手に届きそうもない存在や世界に近づきたいという気持ちを抱きつつも、いつも変わらずそこにあるもの、どんな時もそばにいてくれる人を正面から見つめて、優しく抱きしめてあげられる様な、心の強さと誠実さ、勇気を持っていたいと心の底から、今思う。
[PR]
# by les-trois-etoiles | 2005-08-29 21:17 | くもりの日(もやもや空)

涙のチカラ

今日、久々に泣いてしまった。絶対に泣くもんかと思っていたし、こんなことで泣いてちゃいけないって思ってたのに、心の中に溜め込んでいた身の置き場のないような不安感、焦燥感、そして喪失感を言葉にした途端に、目頭がじんわり熱くなってきて、一気に涙が溢れてきてしまった。しまった、と思った時にはもう遅くて、後から後から溢れ出す涙を止めることも出来ずに、涙でぼんやりとした視界は、焦点が定まらずに辺りを彷徨っていた。

ぽたぽたと零れ落ちる涙を見て、この涙はどこから流れ出しているのか、どうして身体の外に出ていくのか、なんて、泣きすぎたせいか痺れて、ぼーっとした頭で考えてみた。
涙は心の中を巡り巡って、悲しみでいっぱいになった感情の塊をかき集める。それを砕いて、溶かして、綺麗に洗い流す。少しづつ、ゆっくりと、時間をかけて洗い流す。
そうして流れ出るのがきっと涙なのだ、と思う。心の掃除機と洗濯機、みたいな。

今日は朝からどんよりとした曇り空で、雨が降ったかと思うとやんで、またすぐ降り出して。一日いっぱいそんな空模様だった。泣き出しそうなのをぐっと堪えて、でもやっぱり堪え切れなくて、涙が零れ落ちる。今日の空は私の目にはそんな風に映った。まるで、私の心とぴったり共鳴しているような気がして、なんだかいたたまれない気持ちになったりして。

空にも泣きたい時がある、だったら、無理に泣くのを我慢することなんかない。泣きたい時は思いっきり泣いてもいいんだ。悲しみを押し殺して、心の中に閉じ込めたままじゃ、そのうち容量を超えて、パンク寸前の状態に陥る、きっと。

心の赴くままに涙を流して、一度感情をリセットしよう。泣き疲れて頭がぼんやりしてきたらおとなしく眠りに付いて、また明日から歩き出そう。新たな一歩を踏み出そう。
[PR]
# by les-trois-etoiles | 2005-08-26 22:21 | 雨の日(しとしと雨しずく)

恋する心

e0044291_21345263.jpg
この腕時計は22歳の誕生日に姉夫婦から頂いたもの。画像では少し見えにくいけれど、シンプルなフォルムであまり自己主張の強くない時計なのに、なぜか存在感のある素敵なものです☆
私には高価すぎるほどのプレゼントでしたが、一目見た瞬間に気に入ってしまい、それ以来毎日のように身に付けています。


最近の私は、遥か昔の恋の詩にとても心惹かれています。相手を恋い慕う気持ちを和歌にのせて伝える、それもたった31文字の言葉で。
お気に入りの和歌がいくつかあるのですが、今日は対になった二つの和歌について書きたいと思います。(出典は後撰集です)

『はかなくて  同じ心になりにしを  思ふがごとは  思ふらんやぞ』

『わびしさを 同じ心と聞くからに  我が身を捨てて 君ぞかなしき』

一つ目の訳は、“心細い気持ちのままであなたと心を一つにしてしまったけれど、私が思う程に、あなたは私を思ってくださっているでしょうか”です。
二つ目の訳は、“どうしようもなく切ない気持ちでいることは、あなたも私と同じなのだとお聞きして、もはや我が身がどうあっても、あなたが愛しくてなりません”です。

たった31文字の言葉でもこんなにも心に響いてきて、その想いの深さに圧倒されます。相手の自分に対する真の心を測るには、この詩だけで十分過ぎる程で、お互いを想う気持ちが重なり合っている、と思いました。

お互いの思いが通じ合っていても、ちょっとしたことで相手の気持ちが見えなくなったり、疑ってしまったり、常に愛の言葉を口にして貰わなければ不安になったりすること、きっと誰にでもあると思います。今は電話やメールですぐに気持ちを伝え合う事が出来るけれど、昔は手紙の遣り取りさえ思うようにはいかなかったはずで、それなのにこんなにも強く深く人を愛する事が出来るって、本当にすごい事だなって思います。どんなに恋しく思っても、どんなに辛く寂しくても、31文字の言葉に精一杯託された相手の想いを心から信じられるからこそ、二人の心は通じ合い、寄り添い、結ばれるのだと感じました。

千年以上の時を越えて伝わる想いがあることに勇気付けられ、励まされました。それと同時に、恋に落ちるのは一瞬の出来事だけど、その気持ちを大切に育て、相手に伝えるにはそれなりの勇気と覚悟が必要だと気づきました。

私は、片思いの時はもちろん、両思いになってからも自分の気持ちと相手の気持ちの重さが同じでないと不安になってしまいます。自分だけが好きになりすぎているのでは、と落ち込んだりもしてしまいます。両思いになれたはずなのに、まだ片思いをし続けているような、そんなもどかしくて切ない気持ちでいっぱいになってしまいます。
でも、この和歌を詠んだ二人のような恋を、お互いの想いが重なり合うような恋をしたいと心底思いました。
[PR]
# by les-trois-etoiles | 2005-08-25 21:34 | くもりの日(もやもや空)


それでも歩き続けるよ、わたし
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
プロフィールなどなど
まいこ、現在大学4年生の22歳。
現代小説や近代日本文学、フランス文学が好きで、暇を見つけては図書館に通っています。
大学では英語、フランス語を中心に、言語学や文学、哲学、国際関係について学んでいます。
精神医学や心理学にも興味があって、関連する本をいろいろ読んだりもしています。

性格はすごく人見知り屋で意地っ張りで、そのくせかなりの寂しがり屋↓とっても厄介なコです、、。

休日は読書、音楽・映画鑑賞、お買い物なんかをしながら過ごしています♪
最近ようやく夢を見つけました。
思い描く未来の自分に、少しずつ近づいていきたいと思います。


ここには日々の生活の中で感じたことや気づいたこと、大切にしていることを書いていけたらと思っています。
どんなコメントでも構いませんので、是非何か言葉を残していって下さい♪

ここに訪れてくださったことに感謝いたします★


 ★☆リンク☆★

 



みんなのプロフィールSP



クリックしてみてね♪
  
 管理人より
           
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
芸能人のマル秘DVDなら..
by オシエモン at 18:19
お言葉に甘えて、これから..
by les-trois-etoiles at 16:54
この先彼に触れられる時が..
by les-trois-etoiles at 16:38
まいこちゃんの詩を読んで..
by 赤月 at 13:31
こういうふうに、思ってい..
by ☆Y☆ at 23:46
☆赤月さんへ☆ コメン..
by les-trois-etoiles at 17:00
☆Y☆さんへ 頭では分..
by les-trois-etoiles at 16:52
初めまして(^^) 学..
by 赤月 at 16:05
あたしまいこさんと同年代..
by ☆Y☆ at 08:19
そんな風に言って頂けると..
by 管理人 at 18:16
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧